今月のお知らせ

4月 Avril (2017)

Avril (2017)

 Avril : élan de vie qui court
 au long des sentiers, vers le haut des branches.
 les tiges, gorgées de sève,
 activent les pousses vertes
 et bientôt la magie des fleurs.
Carême : élan vers la lumière de Dieu !
 Seigneur, ta parole est vérité,
et ta loi délivrance,
 éveille en nos cœurs  une vie neuve
 rends-nous forts selon ton évangile !
 Alors chacun de nous pourra devenir
" comme un arbre planté près d'un ruisseau
  qui pousse, vers le courant, ses racines,
  son feuillage est bien vert et il porte du fruit. "
(Jérémie 17:8)                                    

                            (Sœur Marie- Hélène)

 

四月( 2017年)

四月:生命の飛躍が流れる
森の小道に沿って、枝の上に向かっ.て。
樹液をいっぱいに含む若枝は
緑の新芽を生え出させ
間もなく魔法のような開花をうながす。
四旬節:神の光に向かう飛躍!
主よ、あなたの言葉は真実、
あなたの教えは罪から解放する
私達の心に新しい命を目覚めさせ
福音によって強めてください!
すると私達一人一人は
"水辺に植えられ
流れの方にその根を伸ばし
その葉は青々とし実を結ぶ木"のようになるでしょう。

          (エレミヤ書 17:8)

      (シスター マリー・エレーヌ)



東日本大震災被災者支援チャリティーコンサートのご報告
Le compte rendu du concert de charité au profit des sinistrés de l’Est du Japon

3月11日(土)にパリ外国宣教会の聖堂で行われたチャリティーコンサートでは、1064ユーロのご寄付がありました。
無償で演奏して下さった音楽家たち、無償でピアノを提供して下さったAtelier SKH、ポスターを制作された佐々木真紀さん、そして協力して下さった皆様に心より感謝いたします。ご寄付はCaritas Japanを通して仙台サポートセンターに贈られます。

Le samedi 11 mars, le concert de charité à la chapelle des Missions Etrangères de Paris a permis de collecter 1064 euros de dons.
Nous remercions chaleureusement les musiciens qui ont joué gratuitement, l’atelier SKH qui nous a prêté le piano gratuitement, Mme Sasaki Maki qui a dessiné l’affiche, et à vous tous qui avez collaboré pour le succès de ce concert. Les dons seront envoyés à Sendaï Support Center par l’intermédiaire de Caritas Japon.


ピアノ連弾 紅谷麻美 河合唯
Piano à quatre mains : Asami Beniya et Yui Kawai

三重奏 吉岡舞子(ピアノ)河野彩(ヴァイオリン)広田勇樹(チェロ)
Trio : Maiko Yoshioka(piano), Aya Kono (violon), Yuki Hirota (violoncelle)

 

アンジュ―の聖十字架への巡礼
Pèlerinage à La Croix d’Anjou


日時 5月6日(土)~5月8日(月)

予算 120ユーロぐらい
現在エムリック神父様のおられるBaugé-en-Anjouには、イエスの架刑に使われたとされる十字架の木で作った聖十字架がchapelle de la Girouardière保管されています。
この聖十字架への巡礼と、この歴史ある美しい街を見学し、エムリック神父様の捧げる日本語ミサに与りましょう。
参加希望の方は、湯沢慎太郎までご連絡ください。
Pèlerinage à la Croix d’Anjou. Date : Du samedi 6 mai au lundi 8 mai. Budget : Environ 120 euros.
A la chapelle de la Girouardière de la ville de Baugé-en-Anjou, est conservée la relique de la vraie croix du Christ.
Nous vous proposons un pèlerinage vers la Croix d’Anjou, et de visiter cette belle ville chargée d’histoire, et de participer à la messe en japonais célébrée par le Père Aymeric.

映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」 Projection du documentaire « Fukushima – Rokkashomura »

Résultat de recherche d'images pour '六ヶ所村 未来への伝言'

日時:4月19日(水)13時~15時半 会場 :パリ日本人カトリックセンター
Date: Le mercredi 19 avril, 13h à 15h30. Lieu : Centre Catholique Japonais de Paris.
【監督】 島田恵 ドキュメンタリー映画 (カラー・白黒) 2013年 105分
Réalisation : Kei SHIMADA. Documentaire réalisé en 2013. Durée : 105 mn ;
青森県の六ケ所村にある使用済み核燃料の再処理工場についてドキュメンタリー。福島第一原発事故後の日本において、核の現在と未来を考えましょう。 http://rokkashomirai.com/
入場無料
Il s’agit d’un documentaire sur Rokkashomura, le village du département de Aomori où est installée l’usine du retraitement des déchets nucléaires. A travers ce documentaire, le réalisateur nous invite à réfléchir sur le présent et l’avenir du Japon après l’accident nucléaire de Fukushima Daiichi.
Entrée gratuite. http://rokkashomirai.com/

 

Notre Dame de la Croix教会のFête des Nationsミサで今年も日本語の聖歌を歌いましょう!

聖霊降臨の日、6月4日(日)に恒例のFête des Nationsのミサが20区の Notre Dame de la Croix de Ménilmontant教会で行われ、日本語の聖歌を歌います。
今年は「ごらんよ空の鳥」の一曲です。センターの皆様、ぜひご参加下さい。
Venez et chantons ensemble à la Messe de la Fête des Nations à Notre Dame de la Croix (20ème), à la Pentecôte, le Dimanche 4 juin à 10h30.
Nous chantons le chant Sacré « Golanyo Solanotoli » en Japonais dans la messe.


「アジアにおける平和と和解のグループ」


「アジアにおける平和と和解のグループ」に参加して

聖アンドレ修道女会のシスター・アニェス・キムからの呼びかけをいただいて、「アジアにおける平和と和解のグループ」に初回から参加しています。5月20日の第1回目に続き、去る9月9日に第2回目が行われました。2回とも、韓国、台湾、日本から、修道者・修道女や、カトリック信徒もそうでない人も含めて10名あまりの参加者がありました。参加者は小グループに分かれて、用意されたテキストに基づいて分かち合いを行い、各グループの分かち合いを全員で共有してから、ともに持ち寄りの食事をする、という流れの集まりです。年に4回の定期の集まりに加え、食事をしながら懇親を深める特別の機会をまた別に持とうという話になっています。
第1回目は、ロベルト・モロッツォ・デラ・ロッカ監修『平和の技術』の抜粋を読み、心に響いた箇所や語句を自由に分かち合うことから始めて、東アジア諸国の平和と和解のために考察を深めたいポイントを共有し、さらに私たちの国が歩んできた歴史を顧みる時に感じる痛み、あるいは喜びと希望を話し合いました。分かち合いの際のルールはただ一つ、一人が話している時には、別の人が話をさえぎったり、話に割って入ったりすることなく、必ずその人の話を傾聴することです。分かち合いでは、政治的にはさまざまな問題があるにせよ、たとえば韓国と日本の間には多くの文化的交流がなされているし、人的交流のレベルではかなり友好関係が築けてきている印象を持っているという意見や、ユネスコ憲章前文の「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」を思い出しつつ、和解のための理性的な対話と同時に私たちの心のうちに平和と和解が築かれなければならないのではないかという意見、さらには在日韓国人として親族が過ごした難しい時代の経験の分かち合いなどが交わされたと記憶しています。
第2回目は、大江健三郎『ヒロシマ・ノート』の一節――原爆症で亡くなった孫に対して、生前金銭の工面をしてやれなかったことを悔やみつづける発狂した一老人の物語と、大江氏が威厳・屈辱あるいは恥という言葉をめぐって日仏比較文化的な考察、さらには彼自身の実存に基づく省察を展開する箇所――を読みました。今回、台湾出身の参加者があったことは豊かな恵みであって、同じテキストを読みながらも、台湾・韓国・日本という背景を持つそれぞれの参加者のうちに、聖霊が独特なかたちで働かれるさまを、分かち合いを通じて感じた思いがしました。
東アジア諸国の出身者同士が、ともに異国であるフランスに暮らし、フランス語で自らの体験と考察を分かち合うということは、この集まりの一つの特徴でしょう。このことは、母国語とは異なる仕方で自分をできるかぎり明確に言語化し、また相手を最大限に理解しようと努力するかぎりにおいて、互いをよりよく知り合い理解し合うための有効な手段になっているのかもしれません。小さな集まりではありますが、隣国諸国の仲間たちと、平和と和解への希望を共有しつつ、ともに話し合い、ともに祈りあい、ともに食事をする機会が与えられていることは、私にとって大きな恵みです。

(大西崇生)

 

  La rencontre pour la paix et la réconciliation en Asie.

Invité par Sr Agnès Kim, religieuse de Saint-André, j’ai participé dès la première fois au Groupe pour la réconciliation et la paix en Asie. La première réunion a eu lieu le 20 mai, puis la deuxième, le 9 septembre. Les deux séances ont accueilli une douzaine de participants de la Corée du Sud, de Taïwan et du Japon, religieux, religieuses, catholiques ou non. Le déroulement d’une séance est comme suit : divisés en petits groupes, les participants discutent sur un texte préparé ; se réunissant ensuite ensemble, ils partagent ce dont chaque petit groupe a parlé ; puis, ils mangent ensemble un repas que chacun apporte. Nous organisons quatre séances par an, en espérant avoir une autre occasion spéciale pour mieux se connaître en mangeant ensemble.
Pour la première séance, nous avons lu un extrait du livre L’art de la paix (sous la direction de Roberto Morozzo della Rocca, Salvator, 2010). Nous avons partagé les phrases ou les mots du texte qui nous avaient frappés, les idées à approfondir pour la réconciliation entre nos pays, puis ce qui nous fait souffrir ou/et donne joie et espérance dans l’histoire croisée de nos pays. La seule règle pour le partage est d’écouter attentivement celui qui parle, sans lui couper la parole. Nous avons échangé, autant que je me souvienne, des idées comme suit : quoiqu’il y ait divers problèmes sur le plan politique, on est en train de construire tout de même une relation amicale au niveau des relations interpersonnelles ; en lien avec la phrase dans l’Acte constitutif de l’UNESCO qui dit : « les guerres prenant naissance dans le cœur des hommes, c’est dans le cœur des hommes que doivent être élevées les défenses de la paix », il faudrait établir la paix et la réconciliation dans notre cœur, en même temps que le dialogue rationnel, etc. Nous avons écouté les expériences difficiles d’un homme d’origine coréenne qui a vécu au Japon, qui est grand-père d’un participant.
La deuxième séance a traité de l’extrait des Notes de Hiroshima de Kenzaburô Oé (version originelle en japonais publiée en 1965 ; traduction française parue en 1996) : le passage d’un « vieillard fou » qui regrette sans cesse de n’avoir pas pu procurer de l’argent à son petit-fils qui est mort de maladie après la bombe atomique et celui où l’auteur déploie sa réflexion existentielle sur les concepts de « dignité », « honte » et « humiliation ». Cette fois-ci, nous avons eu la chance d’avoir parmi nous un participant taïwanais. Nous avons senti que l’Esprit Saint était à l’œuvre dans nos cœurs, en regardant la richesse de la diversité du partage, tout en lisant le même texte.
L’une des particularités de ce groupe est le fait que les asiatiques qui habitent dans un pays étranger qui est la France, partage en une langue étrangère, le français, leurs expériences et réflexions. Ce qui nous permettrait sans doute à mieux nous connaître, en tant que, d’une autre manière que dans notre langue maternelle, nous nous efforçons de nous exprimer le plus clairement possible et de comprendre les autres le plus nettement possible. Ce groupe, tout petit qu’il soit, est pour moi une bonne occasion où les voisins asiatiques, en partageant l’espérance en une paix et une réconciliation, peuvent discuter ensemble, prier ensemble et manger ensemble dans une ambiance amicale.
(Takao Ônishi)

 

 


 

Emmaüs  SOS !! Boîte de lait のキャンペーン "Deux boîtes par semaine pour sauver un enfant de la mort ! " アフリカの貧しい子供たちの命を救うために、砂糖入りコンデンスミルク1缶(397g)をセンターまでお持ちください。Pour aider les enfants qui souffrent de la malnutrition en Afrique, apportez-nous les boîtes de lait (397 g, concentré et sucré), lorsque vous avez l'occasion de passer au Centre.


平和を実現する人は幸い ~ 戦後70年司教団メッセージ (抜粋)
Heureux ceux qui réalisent la Paix
– Message de la conférence épiscopale japonaise pour le 70ème anniversaire de la fin de la guerre (extrait) -
 日本カトリック司教団は、特別に平和のために働く使命を自覚しています。それは何らかの政治的イデオロギーに基づく姿勢ではありません。わたしたちは政治の問題としてではなく、人間の問題として、平和を訴え続けます。この使命の自覚は、もちろん日本が広島、長崎で核兵器の惨禍を経験したことにもよりますが、それだけではなく戦前・戦中に日本の教会がとった姿勢に対する深い反省から生まれてきたものでもあります。
1986年9月26日、東京で開催されたアジア司教協議会連盟総会のミサにおいて、白柳誠一東京大司教(当時)は次のように述べました。
「わたしたち日本の司教は、日本人としても、日本の教会の一員としても、日本が第二次世界大戦中にもたらした悲劇について、神とアジア・太平洋地域の兄弟たちにゆるしを願うものであります。わたしたちは、この戦争に関わったものとして、アジア・太平洋地域の2千万を越える人々の死に責任をもっています。さらに、この地域の人々の生活や文化などの上に今も痛々しい傷を残していることについて深く反省します」。
 これは一個人としてのことばではなく、司教協議会会長として司教団の総意を代表して述べたことばでした。さらに日本司教団は戦後50年と60年にあたっての平和メッセージの中で、戦前・戦中の教会の戦争責任を反省し、その上に立って平和への決意を表明しています。
                                              2015年2月25日 日本カトリック司教団


 

 

東日本大震災被災者のための祈りⅡ

父である神よ、
すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼をこめて祈ります。
東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを、
わたしたちがあかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

(2014年2月18日 日本カトリック司教協議会認可)

 

 


 

連絡先 CONTACT

住所
4, Bld Edgar Quinet 75014 PARIS
FRANCE
E-mail
tomoni.paris.catholique@
gmail.com
お問合わせフォーム
Tel
(フランス33+)
09 53 86 74 29
開館日・受付時間
月木土:15:00~19:00
金のみ:16:00~19:00
メトロ
Raspail (4,6番線)徒歩1分
Edgar Quinet (6番線)5分
Montparnasse-Bienvenüe
(4,6,12,13番線)徒歩8分
アクセスマップはこちら
.................................
 
© 2000-2012 CCJP - Centre Catholique des Japonais de Paris. All rights reserved.
TOPページ Acceuil | パリカトリックセンターの紹介 Qui sommes-nous?| 今月のお知らせ Infos|今月の活動表 Activité mensuel予定表カレンダー Calender | 活動紹介 Activités |教会の生活 | フォトギャラリー PhotoGallery | 広報誌ともに News Letter |チャリティー活動 Charités| ミサ La messe | キリスト教基礎知識 Lectures | 特選リンク集 lines Utiles | アクセス Access | お問い合わせ Contact