今月のお知らせ

11月 Novembre (2018)

                         Novembre (2018)

La brume descend doucement
sur villes, villages, campagnes
Tout à l'heure,
un vol d'oiseaux migrateurs a traversé le ciel gris
C'est Novembre.

Novembre s'ouvre sur une grande fête pour l'Eglise :
la Toussaint !
C'est la fête de tous ceux qui, parvenus au but,
nous appellent à l'Espérance,
Elle nous montre, au fil des ans,
tant de saints qui nous protègent et nous encouragent
sur nos chemins.
" une foule de toutes nations, races, peuples et langues"
de tous âges, et de toutes conditions... x
et nous sommes en marche avec eux
et par eux entraînés
vers la lumière qui n'aura pas de fin,
en Jésus- Christ, ressuscité,
vivant pour toujours.
"Grand Prêtre du bonheur qui vient " !
Tous ensemble, réjouissons-nous,
en Célébrant nos frères les saints!

(Sœur Marie- Hélène)

 

 

                          十一月(2018年)

霧が徐々に降りる
町や村や田舎に
さっき,
渡り鳥の群れが灰色の空を通り過ぎた
11月だ。

11月は教会にとって大きな祭りで始まる:
諸聖人の祝日!
それは人生の目的地にたどり着き
私達を希望に招いている全ての人々を祝う日
諸聖人の祝日は、
人生において私達を護り勇気づけてくれる
多くの聖人達が各時代を通じていることを示している
"全ての国、異なる人種、民族、言語に属する群衆"
そして年齢や条件の違う人々…
そして私達も聖人達と共に
聖人達によって
終わりのない光に向かって導かれ歩む、
復活し、いつも生きておられる
イエス・キリストの内に。
"幸いをもたらす大司祭が来る"!
皆一緒に、喜ぼう、
私達の兄弟である聖人達を祝いながら!
(シスター マリー・エレーヌ)


今月の司牧委員会  Conseil pastoral
  11月25日(日)に開かれた円卓会において全員一致で須貝泰夫さんと浜田真悟さんが正式に司牧委員会のメンバーとして承認されました。 次回の司牧委員会は2019年1月27日(日)午後3時より行います。
A la Table Ronde qui s’est tenue le dimanche 25 novembre, M. Yasuo Sugaï et M. Shingo Hamada sont nommés officiellement membres du Conseil pastoral. Le prochain Conseil pastoral se tiendra le dimanche 27 janvier 2019 à 15h

待降節の一日黙想会 日時 12月9日(日)10時半~16時 
テーマ 「自分の命を救おうと望むものはそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを得る」  
Journée de récollection - Dimanche 9 décembre de 10h30 à 16h.
Thème : « Qui veut sauvegarder sa vie, la perdra ; mais qui perd sa vie à cause de moi, l’assurera »

この黙想会の前日に、1993年から1996年の間に殺された19人の殉教者 、すなわちオランの司教であるピエール・クラブリ師とティビリヌの7人の修道士、そして他の11人の修道士・修道女がアルジェリアのオランで、列福されます。 そのティビリヌの7人の修道士を描いた映画「神々と男たち」を観たいと思います。そしてイエス・キリストの次の言葉について黙想し、祈りましょう。 「自分の命を救おうと望むものはそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを得る」(マタイ16/25)。この一日黙想会は大西崇生神父司式のミサによって終わります。
プログラム:10時半~12時半 映画「神々と男たち」上映 / 12時半~13時 分かち合いと祈り / 13時~14時 昼食(弁当持参のこと)/ 14時分~14時30分 ミサの準備 / 14時30分~15時 典礼聖歌の練習 / 15時~16時 日本語ミサ 大西崇生神父司式
Un jour avant cette journée de récollection, les 19 martyrs : Mgr Pierre Claverie, évêque d’Oran, les sept moines de Tibhirine et onze autres religieuses et religieux qui furent tués entre 1993 et 1996, seront béatifiés à Oran. Pour cette journée de récollection de l’Avent, je vous propose de voir le film « Des hommes et des dieux » qui dépeint les sept moines de Tibhirine, et méditer et prier sur la parole de Jésus-Christ : « Qui veut sauvegarder sa vie, la perdra ; mais qui perd sa vie à cause de moi, l’assurera » (Mt 16,25). Nous terminerons cette journée de récollection par la messe en japonais célébrée par le Père Takao Ônishi.
Programme : 10h30-12h30 : Projection du film « Des hommes et des dieux ». 12h30-13h : Partage et prière. 13h-14h : Déjeuner (Chacun apporte son pique-nique). 14h-14h30 : Préparation de la messe. 14h30-15h : Répétition des chants liturgiques. 15h-16h : Messe en japonais célébrée par le Père Takao Ônishi.

 

「神々と男たち」上映会 
Projection du film « Des hommes et des dieux »

12月9日(日)、10時半~12時半
Le dimanche 9 décembre de 10h30 à 12h30
( 2010年、2時間 仏語版 日本語字幕 2010, 2h, version française sous-titrée japonais)

 1993年、アルジェリアの山間地方にあるティビリヌで、トラピスト修道士たちは修道院で共同生活を送り、イスラム教徒の村人たちと平和に暮らしていた。 しかし武装イスラム集団が外国人労働者を虐殺する事件が起こり、修道士たちも脅迫を受ける。しかし修道士たちは留まることを決める。 1996年に修道者7名が誘拐され、全員殺害された。なぜ、彼らは留まったのか? 

- 入場無料 Entrée gratuite -

ルルド巡礼旅行す 
Pèlerinage à Lourdes

期間:2019年4月30日(火)~5月3日(金)同行司祭:ドミニク・ハルゲンデギ神父(パリ外国宣教会)
予算:交通費(TGV)、宿泊費込みで約400ユーロ前後。希望者はセンターの本箱の横に張り出したリストに 名前を記入してください。フランス国外からの参加も歓迎します。現在、希望参加者は10名です。 未だ募集中です。次回の準備会は1月に開かれます。連絡先 湯沢慎太郎

(shintaroyuzawa@gmail.com Tél. 06 14 52 06 24)

Pèlerinage à Lourdes : Du mardi 30 avril au vendredi 3 mai 2019. Prêtre accompagnateur : L’abbé Dominique Harguindéguy (Missions Étrangères de Paris). Budget : environ 400 euros par personne (TGV et hôtel compris). Si vous souhaitez y participer, merci de vous inscrire sur la liste affichée à la bibliothèque du Centre. Les participants depuis les pays européens et le Japon sont bienvenus. Actuellement, nous sommes 10 à participer. Vous pouvez encore vous inscrire. La prochaine réunion de préparation aura lieu en janvier. Contactez Shintaro YUZAWA. (shintaroyuzawa@gmail.com / Tél. 06 14 52 06 24)

 

クリスマスバザー 12月2日(日)12時~17時 
Brocante de Noël Dimanche 2 décembre de 12h à 17h

12月2日(日)12時から17時まで恒例のクリスマスバザーを開催いたします。小規模ながら、和風小物や和風の食べ物をご用意しております。 喫茶コーナーもありますので、その場でお食事出来ます。パリの中の小さな日本をお楽しみください。
12月2日(日)の当日のクリスマスバザーの前二日間は品物の受け入れや仕分け、陳列、そして会場準備等を恒例により行いたいと思います。
11月30日(金)の午後2時~午後5時までと12月1日(土)の午前10時~午後5時とします。 各品物の担当の方やお手すきの方はお手伝いをお願い申し上げます。
尚、当日は午前10時より準備を始めます。 11月25日(日)の日本語ミサの後で開かれた円卓会において皆様に承認されました通り、 SOS Boîtes de Laitへのバザー売り上げの5%を寄付することにいたします。
Notre Brocante de Noël se tiendra le dimanche 2 décembre de 12h à 17h. La réception des marchandises, la préparation des salles de vente seront faites le vendredi 30 novembre de 14h à 17h et le samedi 1er décembre de 10h à 17h.
Le dimanche 2, le Centre sera ouvert à 10h pour la préparation. Suivant la décision de la Table Ronde du dimanche 25 novembre qui s’est tenue après la messe en japonais, 5% de vente de la brocante sera envoyé comme don à SOS Boîtes de lait, un groupe du mouvement EMMAÜS, fondé par l’Abbé Pierre.

 

アジアにおける和解と平和 La Paix et la Réconciliation en Asie
日時 12月5日(水)午後6時から センターにて
韓国、中国、日本の修道者、神父、神学生および一般人を中心とした、アジアにおける和解と平和のグループが定期的に集まっています。参加希望の方は湯沢慎太郎までご連絡ください。
La prochaine réunion : Le mercredi 5 décembre à 18 h, au Centre.
Un groupe pour la réconciliation et la paix en Asie s’est constitué autour de religieux(ses), de prêtres, de séminaristes et laïcs de Corée, de Chine et du Japon. Si vous souhaiter y participer, contactez Shintaro YUZAWA.

 

今年度、日本語ミサをセンターで捧げてくださる
新しい司祭の紹介

Présentation du nouveau prêtre
qui célébrera les messes en japonais cette année

アロイジオ 大西崇生神父様は一年前、2017年9月23日に東京大司教区司教座聖堂にて司祭叙階されました。イエズス会士であり、現在パリのCentre Sèvresイエズス会哲学神学大学で神学を勉強されています。
Le Père Aloysius Takao ÔNISHI, sj., a été ordonné prêtre il y a tout juste un an, le 23 septembre 2017, à la Cathédrale du diocèse de Tôkyo. Il étudie actuellement la théologie au Centre Sèvres à Paris.

 

シスターマリーエレーヌを訪問して Visite à Sr Marie-Hélène









夏休みの間(7月21日)にClos Notre-Dame (77000 LIVRY SUR SEINE)で療養中のシスターマリーエレーヌを訪問しました。
Pendant les vacances estivales, le samedi 21 juillet, nous avons rendu visite à Sr Marie-Hélène qui réside auest à Clos Notre-Dame (77000 LIVRY SUR SEINE).




平和を実現する人は幸い ~ 戦後70年司教団メッセージ (抜粋)
Heureux ceux qui réalisent la Paix
– Message de la conférence épiscopale japonaise pour le 70ème anniversaire de la fin de la guerre (extrait) -
 日本カトリック司教団は、特別に平和のために働く使命を自覚しています。それは何らかの政治的イデオロギーに基づく姿勢ではありません。わたしたちは政治の問題としてではなく、人間の問題として、平和を訴え続けます。この使命の自覚は、もちろん日本が広島、長崎で核兵器の惨禍を経験したことにもよりますが、それだけではなく戦前・戦中に日本の教会がとった姿勢に対する深い反省から生まれてきたものでもあります。
1986年9月26日、東京で開催されたアジア司教協議会連盟総会のミサにおいて、白柳誠一東京大司教(当時)は次のように述べました。
「わたしたち日本の司教は、日本人としても、日本の教会の一員としても、日本が第二次世界大戦中にもたらした悲劇について、神とアジア・太平洋地域の兄弟たちにゆるしを願うものであります。わたしたちは、この戦争に関わったものとして、アジア・太平洋地域の2千万を越える人々の死に責任をもっています。さらに、この地域の人々の生活や文化などの上に今も痛々しい傷を残していることについて深く反省します」。
 これは一個人としてのことばではなく、司教協議会会長として司教団の総意を代表して述べたことばでした。さらに日本司教団は戦後50年と60年にあたっての平和メッセージの中で、戦前・戦中の教会の戦争責任を反省し、その上に立って平和への決意を表明しています。
                                              2015年2月25日 日本カトリック司教団


 

 

東日本大震災被災者のための祈りⅡ

父である神よ、
すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼をこめて祈ります。
東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストがいつもともにいてくださることを、
わたしたちがあかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

(2014年2月18日 日本カトリック司教協議会認可)

 

今年の夏を中心に数々の災害を経験した日本の皆様のためにお祈りいたします。とくに今夏、大阪の北部での地震とその後西日本を襲った集中豪雨と台風において亡くなられた方々および被災された方々のために祈ります。また先月に起きた北海道東部地震において亡くなられた方々、被災された方々のために祈ります。まだ避難生活を送られている方々のために一にも早い復興を心から祈念しております。2018年9月27日 (Sh.Y.)
Je prie pour les personnes qui ont vécu des nombreux cataclysmes au Japon cet été. Particulièrement je prie pour les victimes et les sinistrés du séisme qui a frappé le Nord de Ôsaka, et des pluies torrentielles et des typhons qui ont dévasté l’Ouest du Japon. Et je prie également pour les victimes et les sinistrés du violent séisme qui a frappé Hokkaïdo. Du fond du cœur, je prie pour que les sinistrés puissent retrouver au plus vite leur vie normale. Le 27 septembre 2018 (Sh. Y.)

 

 


 

連絡先 CONTACT

住所
4, Bld Edgar Quinet 75014 PARIS
FRANCE
E-mail
tomoni.paris.catholique@
gmail.com
お問合わせフォーム
Tel
(フランス33+)
09 53 86 74 29
開館日・受付時間
月木土:15:00~19:00
金のみ:16:00~19:00
メトロ
Raspail (4,6番線)徒歩1分
Edgar Quinet (6番線)5分
Montparnasse-Bienvenüe
(4,6,12,13番線)徒歩8分
アクセスマップはこちら
.................................
 
© 2000-2012 CCJP - Centre Catholique des Japonais de Paris. All rights reserved.
TOPページ Acceuil | パリカトリックセンターの紹介 Qui sommes-nous?| 今月のお知らせ Infos|今月の活動表 Activité mensuel予定表カレンダー Calender | 活動紹介 Activités |教会の生活 | フォトギャラリー PhotoGallery | 広報誌ともに News Letter |チャリティー活動 Charités| ミサ La messe | キリスト教基礎知識 Lectures | 特選リンク集 lines Utiles | アクセス Access | お問い合わせ Contact